-->

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5代目のメインメガネ

メインメガネを新しくしました。
フレームとか軽さとか気に入ってて気づけば5年も経ってしまった

細かな傷も付いて来てるしそろそろいい加減にと思いつつ数ヶ月経ってようやく店舗を徘徊
度がキツ目なので流行りらしい細いフレームだとレンズの周囲のはみ出しが激しいし
鼻パットも前よりは息を吹き返した感じだけどまだ少ないし

と、なかなか良いのがなくて前と同じとこで買うかなーと思い始めた所で

デザインと色、それと掛けた感じが面白いものが。
限定コラボ品というアレ的な感じで決定するのに若干勇気が要ったんだけど
これを逃すと納得のいくフレームに暫くは会えそうな感じがなかったので

20140531_lio.jpg

モンハンのコラボのやつを購入

リムが細いのでレンズ周囲のはみ出し具合が不安だったんですがそれを告げると
サンプルレンズ持ってきていただけて並べながら見てると
上から見れば目立つけど横からはテンプルが太めなのとヒンジのデザインでかなり隠せる感じだったので決定
(仕上げ品を受け取ると案の定、上からは目立つけど横からはそれなりに隠せてた)

店員さんにモンハンとかオンラインゲームされるんですかー?って聞かれたけど
残念ながらモンハン全くした事ありません。

旧メインメガネは弱めに作ってたので今回は普通に作成
とりあえず度も僅かに上がったし数日は家で慣らしてから持ち出しかな
休日は高確率でコンタクトだけど…
スポンサーサイト

バケットリスト

たまたま本当にたまたま
アナザースカイという番組で伊藤英明さんが出演されていた回を見てバケットリストという物を知りました

バケットリストは棺桶リスト

死ぬまでにやっておきたい事を書いたもの

そのまま番組に見入ってしまって
逃亡を始めた初心を思い出してしまい、僕もバケットリストを作ってみようと
やりたい事という括りではなく逃亡先、つまり行ってみたい場所で。

まずはどうやって作ろうか?
調べてみると人それぞれのやり方があるんだなと。
確かに全員統一してたら面白く無いもんな、
死ぬまでにやりたい事は人それぞれだしね

ということで僕は付箋に書いて無地ノートに貼っていく事にしました
20140524_list.jpg

優先度が高いものを大きい付箋に
それよりも低めのものを中位の付箋に
さらに低いか大中の細かい特定の場所等を小さい付箋に、
視覚的にもと付箋の色も色々

今は思いつくのをひたすら書き出してます。
そんでもってある程度出した後に絞り込んで行く予定にしてます
貼ったり剥がしたりできるので除外しても破棄せずに上位のリストが消化できたら繰り上げてという感じでやってみようかなと

おそらく絶対に終わらないバケットリストになるでしょうがそれはそれで良いと思ってますし
そもそもこのリストが終わってしまうと楽しみが無くなってしまうのでね

どっちを買おうか

ポケモンの新作らしいが…

ADVは持ってなかったのでここの部分はやったこと無いんですよね
最新作となってるけどこれリメイクでいいんだよね…
XYが去年だからさすがにこのスパンで最新作は無いだろうし流れ的にはリメイクだよねきっと…

とーはくへ

GWに東京国立博物館へ行ってきました

20140512_keni.jpg

一番の目的は雪梅雄鶏図を見ること。

3月に建仁寺両足院で公開はされていたのですが上手くタイミングを合わせれずに
もうギリギリになってでも無理やり行こうとした矢先、
東京国立博物館で行われる特別展に出展されると知り
だったら無理やり行くよりもまだ精神的にゆとりのありそうな時期だし
東京国立博物館は行ってみたかったし

という流れで行ってしましました、、

そして実際に見た時に初めて絵を見て鳥肌が立つという経験をしてしまいました
過度な期待はしないようにとは思ってたんですけどね、期待以上で…
もうこのまま本館とか法隆寺館とか東洋館とか回らずに帰ってもいいんじゃにかとか思ってしまうくらいふわふわ状態に陥りましたよ

若冲を知ったのはほんの半年ほど前にたまたま見た作品の一部で
この塗り方とか構図いいなぁとか思って気になって調べたら
完全に曲線とか色使いとか構図とか見事にストライクゾーンを(==;
一人の作者にここまでのめり込んだのは初めてで
まさかそれで東京まで行くとか半年前は考えもしなかった

気を持ち直して本館、法隆寺宝物館、東洋館も回りました
キトラ展もしてましたけど飛鳥で白虎とか公開された時に行ってそこまで惹かれなかったのでスルー
(と言うか入場制限が発生してたし)

しかし全てが広い、あんなに広いとは思ってもなかった
前々日、前日の影響もあって最後の東洋館の3階くらいで帰って改めて来ようかとかいう悪魔のささやきが。
無事に1階に戻ってB1の存在を知った時は苦笑しましたけども
そんな精神状態でも回って良かった
今度行く事があれば体力万全にした状態でゆとりをもって行こうと思います、

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

グリフ

Author:グリフ

About




↓旅日記、まとめはこっち
ぐりふの隠れきっていない隠れ家

メール:griffis_radisflowあっっとhotmail.co.jp
(「あっと」は正しく直して)

ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。